健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

低血圧の原因

低血圧の原因


収縮期血圧(上の血圧)が100mmHg以下の人を低血圧といいいます。

特に病気というわけではなく、低血圧症という言い方も特にない。

血圧が高い人(高血圧)に比べれば血圧の低い人(低血圧)の方が長生きするという統計もあります。


自覚症状として現れやすいのは、体がだるい、疲れやすい、立ちくらみ、頭痛、めまい、肩こり、動悸、不眠、食欲不振、手足の冷えなどです。

日常生活に不都合のない程度なら問題はないです。

しかし、症状がひどく、朝起きてからしばらくの間何もできないとか、立ちくらみしやすい場合などは、体質改善などの努力で解消したほうがよい。


低血圧の人が朝に弱いのは次のような理由があります。

寝ている間はあまり血圧を必要としないため、血圧が低い状態にある。

立ち上がろうとするとその分血圧を上げなければいけないが、自律神経が上手く働かないと、血圧が上がらず、脳に十分な血液がいかなくなって、頭がボーっとした状態になってしまいます。

自律神経を適切に働かせるには、朝おきる時間を一定にするなど規則正しい生活を送ることが第一です。
posted by hikari at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 低血圧の原因
この記事へのコメント

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://bqct9fi.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月02日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。